top of page

【攻略】バランシングを意識したポーカープレイ 渋谷ポーカーROCK

バランシングとは


バランシングとは、自分のアクションが相手に手を読まれにくくなるように、持ち得るハンドの幅を広げるテクニックです。上級プレイヤー同士の対戦では、レンジ(手札の範囲)のバランスを取ることが非常に重要です。ここでのバランスは、異なるハンドが出現する頻度を操作することを指します。その目的は、相手が自分の次のアクションを予測しにくくすることです。つまり、特定のハンドよりも頻繁に出るハンドはない状態を作り出すことを意味します。


昔は、オンラインポーカープレイヤーはQQ、KK、AA、AKなどの強力なハンドでのみリレイズ(再ベット)することが一般的でした。しかし、これは極めて狭いレンジであり、上級プレイヤーはゲームに適応して中程度の強さのハンドをフォールドすることができました。しかし、時間が経つにつれて、プレイヤーたちはより広いレンジで3ベット(再リレイズ)を行い、相手がJJやAQでフォールドすることを利用するようになりました。そして3ベットが必ずしも強力なペアを示すものではなくなりました。現在、プレイヤーたちはバランスを取るために、56sのようなハンドでさえも3ベットするようになっています。これにより、相手も自身のレンジを調整せざるを得ず、強力なハンドだけをプレイするわけにいかなくなりました。なぜなら、それがベストハンドを多くフォールドする可能性があるためです。


また、バランシングは特定の状況でのみ意味を持ちます。

  1. 注意深いプレイヤーが相手で、あなたのレンジを読もうとしている場合

  2. 相手が上級者で、あなたのレンジの弱点をついてくるプレイヤーの場合

  3. 何度も対戦する常連プレイヤーが相手の場合

初対面の相手や、レンジを考えない相手に対しては、バランシングを重要視するよりも、相手の思考に合わせたプレイを心掛けるべきです。


優れたプレイヤーは常に相手のレンジを意識します。そのため、フロップ後もバランスを保ち、相手にとってレンジを読みづらくすることが大切です。ある状況ではさまざまなハンドが考えられるため、相手が正確な予測が難しいようにすることで、バランスが取れたプレイとなります。

プレイ中にミスをしてしまった場合、「このプレイはバランスが取れていたか」と自問自答するだけでも、バランシングの向上に役立ちます。ただし、バランスが取れているとあなたが思っていることよりも、相手がそのように思っているかが重要です。


つまり、バランシングを向上させるには継続的な練習が欠かせません。渋谷ポーカーROCKで練習して、さらなるスキルアップを目指しましょう!

Comentarios


bottom of page